読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワーホリするぜブログ

2016年の4月から、オーストラリアでワーホリ始めました。

折り紙を持ってきたのが割と正解だった話

こんにちは!



昨日の昼、
コールスというスーパーでパンを買って、ビーチで座って食べてました。
f:id:KurodA:20160406201017j:plain
そしたら、この白い鳥が背後から襲撃してきたのです。
f:id:KurodA:20160406201159j:plain
僕はすかさず、
「痛ぇなおい!!」
と言ったのですが、オーストラリアの鳥だったので日本語は通じませんでした。


昨日は、
持ってきた折り紙が結構役に立ったので、そのことを書こうと思います。


では、どうぞ!



昨日は、
鳥に襲撃されたあと、ビーチは危険だと判断して学校で昼ごはんを食べることにしました。


同じ部屋でご飯を食べている語学留学の生徒の中に、着物を着た女性のタトゥーを入れている女性がいました。

僕はそのことに気づいてなかったのですが、その部屋にいたもう1人の日本人が、
「君のタトゥーどこで彫ったの?」
と聞いて、
タトゥーの女性「自分の国よ」
日本人「君のタトゥー、日本人の女性だよね?」
タトゥーの女性「そうよ!日本がすごく好きでいつか日本に行くのが夢なの!!」
的な会話をしてました。

僕はこの時の会話に入ってなかったしそのタトゥーの女性とも日本人とも話したことはなかったのですが、
「これはチャンスじゃ!」
と思い、
バッグから100均の折り紙を取り出して鶴をソッコーで折って、タトゥーの女性にプレゼントしました。

そしたら、案の定めっちゃ喜んで貰えました。

そのとき、同じとこにいたブラジル人の女性が、
「私にも作ってー!」
って言ってきたので、
もう一羽鶴を折ってプレゼントしたら、また喜んで貰えました。


このときいた日本人にも折り紙を一枚あげたら、足が生えた鶴を折ってました。
これがきっかけで日本人とも話せるようになりました。



次の日になり、
昨日鶴をあげたブラジル人を見かけたら、まだ大事そうに鶴を持っててくれてました。
「かわいいやつだな」
と思うと同時に、ちょっと嬉しくなりました。



なんか
「日本人に生まれてよかったな」
って感じられました。



では、


↓ポチッとお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(オーストラリア)へ
にほんブログ村