読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワーホリするぜブログ

2016年の4月から、オーストラリアでワーホリ始めました。

最終回 帰国しました。

こんにちは!



話は、昨日の夜から始まります。

ブログを書き終えた僕は、シャワーを浴びて、10時くらいに寝ることにしました。朝は3時半に起きる予定だったのでこれで6時間以上寝れると考えたからです。
パソコンで動画をみてるルームメイトに
「インチョンか東京でまた会おう」
と言って、ベッドに入りました。

しかし、まあ、なかなか寝れなかったです。10ヶ月ぶりに日本に帰るって思うと、なんだか帰るっていうよりよく知っているところに泊まりに行くような気持ちになって、とてもそわそわしました。

しばらくしたら寝れたのですが、12時くらいに暑くて起きてしまいました。
台所に行って水を飲んで、また寝ようと思ったのですが、暑くて全然寝れませんでした。ルームメイトはまだパソコンをいじってたので
「なんか今日めっちゃ暑くね?」
ときいたら、
「むしろやや涼しいでしょ」
みたいなことを言われてしまいました。緊張しまくっていたってことですね。

その後もしばらく寝るのにトライし続けたのですが、どうやら不可能だということがわかったので、2時くらいになったら諦めました。
諦めたら、今度は寝落ちしてしまわないように気をつけていなければいけなかったので、忙しい夜でした。


そんな感じでベッドで横になって暇を潰して3時になったら、やや早めでしたが、家を出る準備を始めました。

シャワーを浴びて、ゴミをまとめて、タオルやパジャマをスーツケースに入れて、ケータイの充電器を機内持ち込みのバッグに入れて、準備完了です。
ガサガサやってる間にルームメイトを起こしちゃったので、部屋を出る時にお互いに
「See ya.」
だけ言いました。
言って部屋を出たら、2つあるスーツケースのうち1つしか部屋から持ち出してなかったことに気づいて、また部屋に戻ってもう一回言いました。



家を出た時は、まだ外は真っ暗でした。
僕は真っ暗な中、割と急な坂を2つ登った先にあるバス停にスーツケースを2つ押して行きました。それぞれ18キロくらいあるし、坂急だし、日本が冬だから冬っぽい格好してたしで、めっちゃ大変でした。バス停に着いた時には日本を出る時に持ってきた扇子でパタパタあおいでいたのですが、オーストラリアにきて今日が1番「扇子持ってきてよかった」って思えた日でした。
f:id:KurodA:20170204185528j:plain


バス停では普通にバスを待ったのですが、その間に「バス乗る時に『荷物多すぎるからお前乗れない』とか言われたらどうしよう」とか考えて若干そわそわしていました。


しかし、バスには普通に乗れました。朝早くてお客さんが少なかったのもよかったのかもしれません。

これがオーストラリアで乗る最後のバスになったのですが、別にいつも乗ってるし特に何か感じたりはしませんでした。


バスを降りたら、次は電車です。
f:id:KurodA:20170204185608j:plain

こちらも、荷物が多いこと以外はいつもと変わりませんでした。


そんな感じでバスと電車に乗って、空港に到着しました。

3時から準備を始めて早めに家を出たので、フライトの4時間前についてしまいました。

ただひたすら、ボーッとしてチェックインカウンターが開くのを待ちました。

僕は今日、JALの飛行機で帰ったので、チェックインの手続きとかも日本人のスタッフの方がしてくれるんじゃないかと勝手に予想していたのですが、6つあった窓口の5つで外国人のスタッフが手続きをやっていたので、ちょっとびっくりしました。


チェックインを済ませたら、朝ごはんを食べたりお土産さんをみたりしてから搭乗口の前に行きました。

搭乗口の前には、やっぱJALだから日本人が割とたくさんいました。
航空券を予約した時は、「ずっと英語使って生活しなきゃなんだし帰る時くらい日本語使えるところで楽に帰りたい」と思ってJALにしたのですが、あれから4ヵ月くらい経って僕の英語も上達して、最近は英語を喋ることが全然苦ではなくなってしまって、「日本人ばっかでちょっとここ退屈だな」とか思ってしまっていました。なので、あえて外国人の家族連れの近くに座って3歳くらいの子供に手を振られたり僕が手を振ったりして楽しく過ごさせていただきました。



そんな感じで過ごしたら、搭乗の時間になりました。

飛行機に乗ってまず思ったのが、「めっちゃデカい」でした。
今日乗ったのはB777という飛行機で、中くらいの大きさの旅客機でした。それに対して、最近メルボルンゴールドコーストに行く時に乗っていた飛行機はA320という小さめの飛行機でした。

なので、今日乗った飛行機の方が全長が長かったし、廊下が2つもあったし、窓から翼をみても「でけぇ!」って感じでした。楽しかったです。
f:id:KurodA:20170204192045j:plain


飛行機の中では、機内食食べたり、窓の外みたり、映画みたり、トイレ行ったり、この記事を書いたりして過ごしました。

機内食では、そうめんが出てきて「いや、僕10ヵ月もそうめん食べてないんだからもうここまできたら飛行機の中じゃなくて明日とか明後日に日本で食べさせてよ」と思ったのですが、普通にとっても美味しかったので許しました。

飛行機が飛び立ってから2時間くらいしたら、グレートバリアリーフがみれました。
僕はグレートバリアリーフには行ったことがなかったので、最後に上空からみれてよかったです。
f:id:KurodA:20170204193230j:plain


トイレは、飛行機の尻尾の方まで歩いて行って見つからなかったので、台車にジュースとか載せて準備してるCAさんにどこにあるか聞きました。
日本人だったのに癖で最初"エクスキュー、、、"って言ってしまいました。ちょっと恥ずかしかったです。


そんな感じで飛行機を満喫したら、日本に近づいて来ました。
f:id:KurodA:20170204195834j:plain
このあたりから、僕はニヤニヤしながら窓にへばりついていました。

日本の上空からは、田んぼとかスギの木とかが見えて、「日本っぽいな~」って思いました。

そんな感じで成田空港に到着しました。
f:id:KurodA:20170204200034j:plain

ボーディングブリッジを歩いたら、さすが冬なだけあって本当に寒くて楽しかったです。

しばらく歩いたら、パスポートをおじさんが確認するところにきました。

おじさん「次の方、お願いします。」
おじさん「パスポートをお見せください。」
僕、おじさんにパスポートをみせる。
おじさん「ありがとうございます。左の通路から私の後ろにお進みください。」

おじさんの言葉遣いがめちゃめちゃ丁寧で、少しびっくりしました。オーストラリアの空港で列の整理をしていたおばさんなんて
「Come on guys!」「Don't wait on there!」「GO there!」
って感じだったので、全然違いました。


紳士的なおじさんのあとは、飛行機の中に預けた荷物を取りに行きました。
f:id:KurodA:20170204220553j:plain

このとき、なかなか自分の荷物が出てくるベルトコンベアーが見つけられなかったので、
シドニーからの飛行機の荷物が出てくるところってどこにありますか?僕、これが初めての帰国なんでよくわからないんです。」
って言ってみたかったのですが、日本の中で道に迷っているというのが少しはずかしかったのできけませんでした。

頑張って荷物が出てくるところを探して、荷物を取ったら、次は税関でした。
税関のおじさんもとても丁寧な対応で、「日本で働くのって大変そうだな」って思いました。


税関がおわったら、出国審査を受けて、ゲートを出ました。

ゲートを出たら、手持ちのオーストラリアドルを日本円に替えました。
僕は1月31日にオーストラリアの銀行を解約したのですが、その日からお金は全部現金で持っていたのでそれはブログには書かないでいました。

両替の列はめちゃめちゃ長くて、並んでいる間に父にあって、荷物だけ家に持って帰ってもらいました。



日本円を手に入れたら、電車で休学している学校に行って、友達とご飯を食べに行きました。

日本とシドニーの間には2時間の時差があるのですが、ケータイの時間を日本時間に戻していませんでした。駅でWi-Fiに繋げて学校に着く時間と行き方を調べて友達に「7時過ぎにつく」とLINEをしたのですが、1時間間違えていて、実際は8時くらいに着きました。これが本当の時差ボケですね。

しっかり時差ボケをかまして学校に行ったら、友達にあって、ご飯を食べに行って、電車と車で家に帰りました。



日本に帰った日はこんな感じでした。

一昨日は自分の家のWi-Fiにどうやってつなげればいいかわからなくて、昨日は単純にダラダラとこの記事を書いていたせいで、この記事を上げるのは2日後になってしまいました。

僕はこの記事をこのブログの最後の記事にしようと思って書いたのですが、最後の記事を書くのって初めての事だからか難しいですね。


今まで、このワーホリするぜブログを読んでくださってありがとうございました。日本に帰った今、僕がワーホリの様子を書くのは不可能なので、この記事をもってこのブログの更新を終了いたします。




では、


↓ポチッとお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(オーストラリア)へ
にほんブログ村


ワーキングホリデーランキングへ

↓ケータイのことなら

↓英語のブログ始めました
dearmyhoney.hatenablog.com

明日、日本に帰ります。

こんにちは!



今日は、丸一日オーストラリアにいられる最後の日でした。そう考えると、朝起きてから何をしたらいいかわからなくてしばらくは部屋でぼーっとしていたのですが、"10ヶ月の内の最後の1日"ではなくて"3日間の林間学校の2日目"と考えるようにしたら、「とりあえず出かけるか」となりました。マンリーは2つの海に挟まれているので、林間というより海間ですが。


今日は、いい感じに曇っていて、いい感じの気温で、いい感じの最終日でした。

まず、昼ご飯の材料を求めてスーパーに行きました。昼ご飯は、いつもとおなじペペロンチーノです。というわけなので買い物は一瞬で終わりました。
買い物がおわったら、暇だったのでお土産屋さんをみました。しかし、バッグが重くなるのは嫌だったのでみるだけで終わりにしました。


お土産屋さんを見終わったら、海を見に行きました。
f:id:KurodA:20170202185036j:plain

海は今日もきれいでした。

僕はここで、オーストラリアで経験してきたことを思い返す作業を始めようと思ったのですが、海にはきれいな水着のお姉さんがたくさんいたせいで全く集中できませんでした。



海を見終わったらシェアハウスに帰ってお昼ご飯を食べてから部屋の掃除をして昼寝をしました。


昼寝から起きたら、夕方でした。僕はお腹が空いたので、ルームメイトとスーパーに行くことにしました。

スーパーについたら、なにか食べ物を買おうかと思ったのですが、僕は掃除を終えて調味料などをすべて捨ててしまっていたので、大変お料理がしにくい状況でした。
なので、ケンタッキーで何か買って持って帰ることにしました。

ケンタッキーに着いたら普通に列に並んだのですが、今日接客をしていた店員さんは、めちゃめちゃきれいでした。

僕「ちょ、みてみあの子。ちんちゃいえっぽ。」
ルームメイト「うわぁ~、マジできれいじゃん。」

僕とルームメイトはしっかりその店員さんに見とれてしまいました。


スーパー美人な店員さんからチキンなどを買ったら、帰りはずっとその店員さんの話をしました。その結果、僕とルームメイト両方の共通した結論として、"オーストラリアでみた女性の中で最も美しい"ということになりました。
最後にスーパー美人が見れて嬉しかったです。



家に帰ったらそのチキンを食べて夕飯にしたのですが、その時にレシートを見たら「またのご来店をお待ちしております。」的なことが書いてあって、胸が締め付けられました。



今日はこんな感じでした。


オーストラリアでブログを書いている人に、じゃいさんという人がいます。
そのじゃいさんの今日の記事で、僕のこのブログを紹介して頂きました。
australia-workingholiday.hatenadiary.jp


このブログを一番最初に紹介して頂いて、"ブログを書こうと思ったのは少なからずこのブログを読んだ影響があります!"って書いてあって素直に嬉しかったです。お会いしたときにはそんなこと一言も言っていなかったのに。


僕のブログ以外にもオーストラリアでワーホリしている人のブログがたくさん紹介されているので、ワーホリについて知りたくて僕のブログを読んでくださっている方には、「あと1個くらい記事書いたらもう更新やめようかな」って思っている僕のブログなんかよりこの記事を読んでもっと面白いブログを読み始めることをおすすめします。
あ、じゃいさんのブログもとってもお勧めです。本当に面白い記事を毎日更新されているので。




では、


↓ポチッとお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(オーストラリア)へ
にほんブログ村


ワーキングホリデーランキングへ

↓ケータイのことなら

↓英語のブログ始めました
dearmyhoney.hatenablog.com

スーツケースを買ってパッキングを9割くらい終えました。

こんにちは!



今朝、僕は7時くらいにおきました。最近の僕にしてはやや早起きでした。
起きたら、シャワーを浴びてからひたすらYouTubeをみていました。今日も昨日の記事でちょこっと書いたThe Voice Kidsをみていました。
今日は10時くらいに家を出るつもりでいたのですが、なかなかThe Voice Kidsをみるのをやめられなくなってしまっていたので、結局11時頃に家を出ました。


今日もまず、フェリーでシティに行きました。

シティには、今日は日本の古本屋さんに本を売りに行きました。なぜ昨日売らなかったのかというと、忘れていたからです。
売った本は、全部で10.60ドル(約850円)になりました。だいたい交通費とおんなじくらいでした。


本を打った後は、バイト先のショッピングモールにスーツケースを買いに行きました。
スーツケースは別にシティで買うこともできたのですが、スーツケースを買うついでにバイト先に挨拶をしに行けるショッピングモールにしました。

ショッピングモールに着いたら、まずバッグがたくさん売っているお店に行きました。

お店に入ったら、すぐに店員さんが話しかけてくれて、この店員さんといろいろおしゃべりしました。
店員さんはイランの出身で、孫が3人いて、家には日本人がホームステイしていて、30年前からオーストラリアに住んでいるそうです。


そんな感じで店員さんとおしゃべりしながらスーツケースを購入したら店を出て、バイト先に挨拶をしに行きました。スーツケースを持ってバイト先に行くのはちょっと恥ずかしかったです。

バイト先では、店長とネパール人にちょこっと挨拶をしました。


その後は、バスと歩きで家に帰りました。

バスに乗ったときには、スーツケースが邪魔で仕方なかったです。



家に着いたら、新しく買ったスーツケースに昨日前から持っているスーツケースに入れられなかったものを新しいスーツケースに入れました。
新しいスーツケースは若干小さいものを選んだのですが、荷物を入れてみたら割と余裕でした。

荷物を詰め終わったら、今度は重さが知りたくなりました。なので、シェアハウスのオーナーのおばあちゃんに体重計を持っているかきいてみました。答えはノーでした。
その後はひたすらインターネットで、マンリー周辺で重さを測れそうなところを探しましたが、そんなところは僕の調べ方が悪かったのかなかなかみつかりませんでした。

しばらくインターネットの中を旅して、疲れてきたので外にゴミ出しをしに行ったら、偶然同じタイミングでお隣さんもドアを開けて、玄関のところで飼い犬と遊び始めました。
僕は「もしかしてチャンスじゃね?」と思ってので、思い切って話しかけました。

お隣さん「Hello」
僕「Hello。体重計持ってます?」
お隣さん「体重計?」
僕「はい。もうすぐ国に帰るのでバッグの重さをはかりたいんです。」
お隣さん「ゴメンね、体重計は持っていないの。あ、でもあれなら持ってる。」
そういうとお隣さんは家の中を少しごそごそしてからバネばかり的なモノを出してくれました。
お隣さん「これ使っていいわよ。」
僕「ありがとうございます。」

というわけで、バッグの重さはお隣さんのおかげではかることができました。測ってみたらわりと余裕でした。



バッグの重さを測ったら、ダラダラしまくって今に至ります。



今日はこんな感じでした。


明後日になったら僕は日本に帰ります。最近よくいろんな人に
「こっちでやり残したことはないのか」
ってきかれるんですけど、別にないんですよね。
でもいろんな人に聞かれまくるので、「やっぱりやり残したことなんかあるのかもな」と思うようになって、最近はやり残したことを探すという意味のない事に頭を使ってしまっています。

早く寝た方がいいですね。




では、


↓ポチッとお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(オーストラリア)へ
にほんブログ村


ワーキングホリデーランキングへ

↓ケータイのことなら

↓英語のブログ始めました
dearmyhoney.hatenablog.com

ケータイを解約してお土産探しをしてパッキングをしました。

こんにちは!



僕は一昨日までゴールドコーストでブロガーのKakeruさんと遊んでしました。
そのKakeruさんが、今日はスキューバダイビングとサーフィンをした時の記事を公開していました。
30life-tavigourme-giriholi.hatenablog.com


僕はこの日の記事では「インストラクターさんが言っていたセリフがカッコよかった」ってことしか書いていなかったので、Kakeruさんの丁寧な記事の方が何をしていたのかわかりやすくてお勧めです。


そんな感じでKakeruさんがブログを更新した今日は、僕はケータイを解約してお土産探しをしてパッキングをしたので、そのことを書こうと思います。


では、どうぞ!



今朝、僕はたぶん8時くらいに起きました。

起きたらシャワーを浴びてからダラダラして、10時くらいに家を出ました。



今日は、帰国に向けていろいろするためにシティに行きました。

バスを使うかフェリーを使うかちょっと迷ったのですが、フェリーの方がバスより席が広いし、日本に帰ったらなかなか乗る機会がなくなるし、なによりフェリーの中はフリーWi-Fiがあるので、フェリーにしました。

フェリーに乗ったら、半分以上の時間は外を見てぼーっとしていたので、別にフリーWi-Fiがあってもあまり関係ありませんでした。


フェリーに揺られること約30分。シティに着きました。ここからは電車に乗って、とりあえずタウンホール駅まで行きました。
タウンホール駅で降りたら、お腹が空いたのでハングリージャックス(オーストラリア版バーガーキング)でご飯を食べました。
f:id:KurodA:20170131212750j:plain

お腹がいっぱいになったら、早速1つ目の目的のケータイ解約に行きました。

これはとっても簡単で、ケータイ会社のオフィスに着いて
「ケータイ解約したいんですけど」
って言ってからあとは店員さんに言われた通りに書類を書いたら終わりでした。書類を書いている途中でカタカナで名前を書く場面があったのですが、"マ"をどうやって書くかを忘れてしまって10秒間くらい固まったり"埼玉"の"埼"の偏が"土"だか"大"だか思い出せなくてケータイで調べたりしながらなんとか終わらせました。

やっぱ簡単ではなかったです。



ケータイの解約がおわったら、次はお土産探しに行きました。
とりあえず「オーストラリアっぽいものを買うならスーパーに行くのが手っ取り早いだろう」と思って歩いてすぐのところにあったスーパーに行ったのですが、ご飯を食べて一仕事終えた僕の脳みそは完全におやすみモードに入っていたので、眠すぎてお土産どころではありませんでした。

「このままではスーパーの中で歩きながら寝てしまう」と思った僕は、脳を元気にしてあげるために散歩を始めました。
しかし、ここは10ヶ月も前から滞在しているシドニー。どこをいても見慣れた景色で、ちょっと歩いたくらいでは脳はげんきになってくれませんでした。なので、僕はクイーンビクトリアビルディングの周りを3周もしてしまいました。

QVBの周りを3周したら満腹による眠気が去って疲労による眠気に襲われ始めたので、お土産探しを再開しました。


いろいろ考えた結果、「やっぱ日本人の家族や友達にあげるんだから日本人向けのモノがいいだろう」と思って、コガルーというアジア人向けのお土産屋さんに行きました。
そこでお菓子とかを買ったら、今度は普通のお土産屋さんに行って弟用にTシャツを買いました。その後はスーパーに行って、母用にティーツリーオイルを買いました。コガルーではちょっと大き目で22ドルだったのですが、スーパーでは運よく割引になっていて、少し小さいサイズのが6ドルで買えました。安かったので2つ買っておきました。


そんな感じで一通りお土産探しがおわったら、家に帰ってダラダラしました。

今日はルームメイトのアルバイト最終日だったので、ダラダラし終わったらルームメイトが帰ってくるまでに終わらせることを目標に荷物のパッキングを始めました。


最初にしたのは断捨離です。
これは予想以上に大変で、なんだかんだで2時間半くらいかかってしまいました。日本からオーストラリアに来た時のイーチケットの控えとか、いらない紙がめちゃめちゃ多かったのが大きな原因でした。

断捨離がおわったら、スーツケースに今すぐ入れるものとまだ入れないモノを分けていきました。この作業の途中でルームメイトがバイトから帰ってきました。ルームメイトは
「きにすんな」
って言ってくれたので、気にせず仕分けを続けました。

これがおわったら、後はひたすらスーツケースにモノをぶち込みまくりました。スーツケースがいっぱいになったところでとりあえず今日は終わりにしました。残りは明日新しいスーツケースを買ってきてぶち込む予定です。



今日はこんな感じでした。


オーストラリアのテレビ番組に、The Voiceというのがあります。歌のオーディション番組で、オーストラリア以外でもいろんな国でやっているらしいです。僕がこの番組をみたのは約10ヶ月前のホームステイを始めたころだったんのですが、最近まで存在すらすっかり忘れていました。

昨日、なんとなくThe Voiceを思い出してYouTubeで流しながらダラダラとブログを書いていたのですが、そのうちThe Voice Kidsという番組にかわっていました。んで、このThe Voice Kidsに出ている子供達の歌を聴くのが楽しすぎて、昨日はブログを書き終わってからもしばらく聞いていて、今日は断捨離をしながら流していました。というか、今日は最初の1時間くらいはこれを流していたせいで全く作業が進みませんでした。

そんなわけで、The Voice Kidsが素晴らしいので、これを読んでくださっている皆さんも暇なときにYouTubeで開いてみてください。




では、


↓ポチッとお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(オーストラリア)へ
にほんブログ村


ワーキングホリデーランキングへ

↓ケータイのことなら

↓英語のブログ始めました
dearmyhoney.hatenablog.com

マンリーに帰ってきました。

こんにちは!



今朝は、ゴールドコーストのホテルで7時くらいに起きました。
おきたら、とりあえずシャワーを浴びて適当にダラダラしてから、朝ごはんを探しに行きました。
f:id:KurodA:20170130205920j:plain

今朝のゴールドコーストはとてもよく晴れていました。
この3日間、天気予報では雨が続く予報でしたが、実際はとてもよく晴れていました。たぶん普段の僕の行いが良いからだと思います。


朝ごはんは、いろいろ考えるのが面倒だったので、スーパーでバナナを買ってホテルまでの道で食べて済ませました。

ホテルについたら荷物を片付けてまた適当にダラダラしてから受付に降りてチェックアウトしました。

チェックアウトしたらホテルまで迎えにきたバスに乗って空港まで行きました。



空港について飛行機の時間を確認したら、30分ほど遅れていました。
しかし、全く急いではいなかったし空港内では無料のWi-Fiにアクセスできたので、別になんとも思いませんでした。

そして、30分遅れの飛行機に乗ったら、
f:id:KurodA:20170130210045j:plain

席が窓側でした。
メルボルン旅行の行き返りも窓側で、ゴールドコーストに行くときの飛行機でも窓側だったので、4回連続で窓側でした。
1回窓側になる確率が1/3として、4回飛行機に乗って全部窓側になる確率は1/81なので、とっても嬉しかったです。

飛行機の中では、半分くらいの時間は窓の外を眺めて、もう半分くらいは寝て過ごしました。


楽しい飛行機の中での時間がおわったら、電車とフェリーでマンリーに帰りました。

マンリーに着いたらスーパーで夕飯の材料を買ってから家に帰って、シャワーを浴びて洗濯をして夕飯を食べて今に至ります。



今日はこんな感じでした。


洗濯物を干しているときに思ったんですけど、ホテルに泊まっているときって洗濯しなくていいしご飯は外食で済ませていたしベッドは自分一人だけのものだしそもそも誰も他にへやにいないので、すぐに寝れました。

やっぱお金出していいるだけあってホテルって楽ですね。




では、


↓ポチッとお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(オーストラリア)へ
にほんブログ村


ワーキングホリデーランキングへ

↓ケータイのことなら

↓英語のブログ始めました
dearmyhoney.hatenablog.com

サーフィンやってたら、また海であえるかも

こんにちは!



今日は、ブロガーのKakeruさんとゴールドコーストでスキューバダイビング体験とサーフィン体験をしてきました。なので、それについて書きます。


では、どうぞ!



今朝、僕たちはとあるホテルの前で、ワゴン車に乗りました。このワゴン車で、スキューバダイビング体験をしにいきました。
Kakeruさんは、滞在しているバッパーから、僕たちをピックアップしてくれるワゴン車に乗るためにわざわざバスで中心地まで来ていたのですが、ワゴン車で連れていかれた先は、Kakeruさんが体験をしているバッパーのすぐ近くでした。

ワゴン車を降りたら、同意書的なやつにサインしてから着替えて船に乗って無人島にいきました。

無人島に着いたらスキューバダイビング体験をしました。
ダイビングの途中で、みんなでパンを魚にあげて餌やりをしたのですが、魚が結構強い力で手の中のパンをくわえていったのでびっくりしました。
僕はこれをやる前に「パンを口でくわえて潜ったら魚とチューできるかな」とか考えていたのですが、魚に唇を噛みちぎられそうだったのでやめました。


キューバダイビングが終わったら、中心地にワゴン車で送ってもらって、ご飯を食べてから今度はサーフィン体験のピックアップを待ちました。
サーフィン体験の方のワゴン車もすぐに来て、着いた先はまたKakeruさんの滞在しているバッパーのすぐ近くでした。

僕は、サーフィン体験はマンリーで一度やったことがありました。その時はオーストラリア人に教えてもらいました。
しかし、今日のサーフィン体験では、日本人に教えてもらいました。理由は、オーストラリア人でも日本人でも値段が一緒だったからです。


マンリーでサーフィン体験をした時には、砂浜でちょっと板の上に乗る方法を教わったら、いきなり深いところまで行ってパドリングしてから波にのる練習をひたすらしました。しかし、今回のサーフィン体験では、浅いところでパドリングなしで波が来たらのる練習をしました。
外国人の「とりあえずやらせておこう」っていうのと、日本人の「しっかり基本から教えよう」っていうのの違いを見た気がしました。どっちがいいのかはわかりませんが、僕は日本人の方が好きです。

波にのるのはKakeruさんが上手で、インストラクターの方にめっちゃ褒められてました。



サーフィン体験が終わってワゴン車で中心地まで送ってもらったら、Kakeruさんと一緒にサーファーズパラダイスにいきました。
f:id:KurodA:20170129204247j:plain

サーファーズパラダイスの前には、お金をあげると握手してくれる銀のおじさんがいました。
f:id:KurodA:20170129204306j:plain

僕はそのときちょうどトイレに行きたかったので、
f:id:KurodA:20170129204328j:plain

お金をあげて、トイレの方向を教えてもらいました。
f:id:KurodA:20170129204433j:plain


トイレを済ませたら、夕方のサーファーズパラダイスをぶらぶらしておしゃべりをしてから
f:id:KurodA:20170129204641j:plain

夕飯を食べに行きました。


今日の夕飯は3ドルのステーキでした。
f:id:KurodA:20170129205336j:plain


Kakeruさんか僕がゴールドコーストに来る前から見つけてくれていて、我らの師匠旅するいわおさんも注目のお店でした。
tabisuru-iwao.hatenablog.com
↑旅するいわおさんのブログ

焼き加減ミディアムでサラダとキノコソースの僕のステーキがこれです。
f:id:KurodA:20170129205630j:plain

暗くてよくわかりませんね。僕が写真撮るの下手だからです。

味は、Kakeruさんは
「海外のステーキって感じがする」
って言っていました。



ステーキを食べ終わったら、少しお散歩してからKakeruさんとバイバイしました。

Kakeruさんのブログはとってもネガティブで、出会う日本人とことごとくあわないような感じなのですが、実際はメルボルンにいた時にできた日本人の友達と今でも連絡を取り合ったりしているそうです。
「だまされた」と思いました。あまり友達が多くない僕はKakeruさんに対して勝手に仲間意識を持っていたのですが、Kakeruさんに裏切られる形になりました。



今日はこんな感じでした。


サーフィンのインストラクターの方とバイバイする時に
「サーフィンやってたら、また海であえるかも」
と言われました。
めちゃめちゃかっこいいと思いました。

なので、このブログを読んでいる方でサーフィンをやっている方は使ってみることをおすすめします。


ちなみに、Kakeruさんとこれに匹敵するかっこいい言葉を考えてみたのですが
「ブログやってたら、またSNSであえるかも」

最高にダサくなりました。




では、


↓ポチッとお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(オーストラリア)へ
にほんブログ村


ワーキングホリデーランキングへ

↓ケータイのことなら

↓英語のブログ始めました
dearmyhoney.hatenablog.com

ドリームワールドのテイルスピンについて

こんにちは!



僕は今日から、ゴールドコーストに来て降ります。
今日は、ゴールドコーストにあるドリームワールドという遊園地にブロガーのKakeruさんと一緒に行って来ました。
30life-tavigourme-giriholi.hatenablog.com
Kakeruさんのブログ

というわけなので、今日あったことをしっかり書きたいのですが、いつも通り僕は今とっても眠いです。しかも、明日は朝からスキューバダイビングとサーフィンの体験をするというスーパーハードスケジュール。チンタラとブログを書いている暇は僕にはありません。一刻も早く寝たいです。

というわけなので今日は、今日ドリームワールドで乗ったアトラクションの中で1番ブログに書きたいアトラクションについてだけ書かせていただきます。


では、どうぞ!



僕がドリームワールドに来たいと思った理由。それはただ1つ、「めっちゃこれ乗りたい!」と思っていた乗り物があったからでした。
その乗り物とはこちら
f:id:KurodA:20170128185553j:plain

tailspin

このアトラクション。一見ただ激しめのメリーゴーランドみたいな感じなのですが、なんと、乗るところ自体も横揺れ方向に回転します。しかもその回転は、横についている翼を自分で動かして風が翼に当たる角度を調整することによって、自分でコントロールすることができます。

僕は、日本にいた時にこれを、イッテQかなんかでみたのですが、「これめっちゃ乗りたい!」って思いました。
そして、今日乗れました。

では、まず知らない人たちが乗っているシーンから見ていきましょう。
f:id:KurodA:20170128191524j:plain

この写真は僕たちの前に乗った人たちを撮ったものなのですが、これ、めっちゃかっこよくないですか?
みんなが準備できたところで最後に乗り込んでいる手前のアジア人の女性が、特にかっこよくないですか?なんか主人公感があって。
これからみんなで飛び立ちます感があって、素晴らしいですよね。

しかし、飛んだらこの人が1番ビビリだったので、とっても楽しかったです。
f:id:KurodA:20170128191705j:plain

そんな感じで前の人たちが降りたら、次は僕たちの晩でした。僕は1番前の左側の席に座って、右の席には知らない人が座っていました。

乗り物がスタートしたら、僕は頑張ってクルクルさせようとしました。しかし、なかなかうまくいきません。
そんな中、僕の隣の知らない人はマシンをめっちゃクルクルさせていました。

なんか悔しかったです。


その後、何時間か間を空けて、2回目に挑戦しました。
僕もKakeruさんも回す気満々で行ったのですが、今回もクルクル回すことはできませんでした。


その後もまた少し休んで3回目。
今度は前にクルクル回してる人がいたので、その人の動きをひたすら観察して、僕の番になったらそのクルクル回してた人の真似をして頑張りました。
そしたら、みごと回りました。「わーい。まわったー!」と思って最初の3回転半くらいはなんともなかったのですが、その後からは回りすぎで気分が悪くなってきました。
しかし、「ここでやめたら途中でやめたことが周りの人たちに見られちゃう」と思って、我慢して最後までクルクルし続けました。めっちゃ気持ち悪くなりました。

夢が叶っても幸せになれるとはかなわないということを学びました。
みなさんがドリームワールドに行く機会がありましたら、テイルスピンはそこそこな感じでやることをお勧めします。




では、


↓ポチッとお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(オーストラリア)へ
にほんブログ村


ワーキングホリデーランキングへ

↓ケータイのことなら

↓英語のブログ始めました
dearmyhoney.hatenablog.com