読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワーホリするぜブログ

2016年の4月から、オーストラリアでワーホリ始めました。

サラダ屋さんのバイト、ゲットしました。

こんにちは!



今日のマンリーは、どんよりとした天気でした。
f:id:KurodA:20160922211202j:plain


やっぱり天気が良くない日って
お洗濯はできないし、お外遊びもできないし、お家から出るのも面倒くさいしで
あんま楽しい気分にはなれませんよね。

僕の家には昨日から日本語と韓国語を喋れる僕の元フラットメイトが遊びに来ていて、
今日はBBQしに行こうって言っていたけど、天気が悪いのであきらめました。


そんな感じであまり楽しくない雨の日も、
今日の僕にとっては悪い面ばっかではありませんでした。


今日もいつものように
シェアハウスのリビングでパソコン広げて
バイト探しをしていました。

外の景色を見ながら
カタカタパソコンをいじっている間に僕、
気づいちゃったんです。

「僕が外出たくない日は他の人も外出たくないでしょ。」

僕が外出たくない

みんな外出たくない

誰も外でない

接客業してる人は暇

僕がバイト探しに行ったら相手にしてもらえる


これに気づいた瞬間、
パソコンでダラダラバイト探すのを
やめてすぐに外に出ました。



今日までのバイト探しですでに、
マンリーにある良い感じのところと
家から1番近いショッピングモールの良い感じのところには
全部断られてました。

なので今日は家から2番目に近い
ショッピングモールに行きました。


ショッピングモールは
平日の昼間で雨が降っているということもあって、
予想通りいつもよりすいていました。

「さあ、良い感じのところに声をかけまくろう」
と思ったのですが、
お店の前までくるといつも
僕の中のチキンが騒ぎまくってきました。
お店の前までくると声を掛けるのが
急に怖くなっちゃうんです。

情けないですね。


僕は友達に勇気をもらおうと思って、
ショッピングモールのフリーWi-Fiにアクセスして
LINEの無料通話で日本の友達に電話をしました。

「怖気づいてるから『いいから早くやれ』って言って欲しい」
ってことを僕は言いました。

電話で勇気をもらった後は、
4件くらい連続で声をかけました。
これは僕にしては頑張った方です。

3件目までは履歴書すら
受け取ってもらえませんでしたが、
4件目のサラダ屋さんでは
いきなりボスと喋らせてもらえました。
30代くらいの中国人男性でした。

そのとき午後の2時くらいだったのですが、
「5時半にもっかいきて」と言われました。

トライアルのチャンスをゲットした
ということです。



そしてときは流れて5時半。
家帰って服着替えてまた
サラダ屋さんにやってきました。

トライアルでは、
閉店作業の手伝いをしました。


先輩インドネシア人に
色々教えてもらってやりました。

先輩インドネシア人は2年ほど
オーストラリアに住んでいる
と言っていたのですが、
トライアル始まって1時間くらいで
「この人より僕の方が英語できるな」
と思えたので、その後は非常に
リラックスしまくってできました。

閉店作業なので、仕事の内容は
食器洗ったり店の掃除をしたりだったのですが、
全ての作業において
ハウスキーピングほどのクオリティを求められなかったし
ハウスキーピングほどのスピードを求められなかったので、
「めっちゃ楽チンだな」って感じました。

トライアルは9時に終わりました。


トライアルが終わったら、
ボスと喋って電話番号交換して
明日の時間教えてもらってバイバイしました。

つまり、バイトゲットってことです。



今日はこんな感じでした。


やっとバイトをゲットしたりました。

バイトをゲットしたので、後は帰るだけですね!
明日の朝はもうパソコンでバイト探ししなくていいので、
その時間を使って日本に帰るときの
航空券を予約しようと思います。




では、


↓ポチッとお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(オーストラリア)へ
にほんブログ村


ワーキングホリデーランキングへ

↓ケータイのことなら

↓英語のブログ始めました
dearmyhoney.hatenablog.com