読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワーホリするぜブログ

2016年の4月から、オーストラリアでワーホリ始めました。

パスポート、ゲットだぜ

こんにちは!

 

今まで僕は海外には一度も行ったことがなかったし、飛行機だって初めて乗ってからまだ一ヶ月もたってないようなスーパー地元野郎なので、海外に行くのに必要なパスポートというものを持っておりませんでした。

んで昨日は、来年から海外に行くためにパスポートをゲットしたので今日はそのこととかについて書こうと思います。では、どうぞ

 

 

僕のパスポートゲットへの道は、今月の初め頃から始まりました。

僕は向こうで行きたい語学学校を決めてエージェントさんにメールしたら、入学金の振込とか、パスポートの取得とか、航空券の予約とか、ビザの取得とか、保険の加入とか、これからやらなきゃなことをいろいろ教えてもらいました。

なんかめっちゃ多いので、エージェントさんは鬼なのかなって思いました。

 

んで、まあとりあえずパスポートでしょってことで、大宮にあるパスポートセンターにパスポートの申請に行こうと思ったのですが、パスポートセンターって平日の9時から4時半までしか開いてないんですよね。ここでも鬼なのかなって思いました。

僕は毎日真面目に学生をやっているので、平日の昼がヒマなわけありません。「どうしよっかな〜、学校休んだろっかな〜」とか思ったのですが、僕は学校を休むのはあんま好きじゃないので母に申請に行ってもらいました。

んで、母にパスポートを申請してもらってから何日か待ってパスポートを受け取らなきゃいけないのですが、パスポートの受け取りって絶対本人じゃなきゃダメなんですよね。鬼ですね。

でも、パスポートを受け取る日だった昨日は、幸いなことに学校の後期中間テストのテスト期間だったので、1時間だけテストをうけて、昼に帰ることができました。

 

テスト期間は、テストを受けたらすぐ帰ることができるので僕は大好きです。早く家に帰ればだらだらできるし、テレビみれるし、お菓子食べれるしとっても幸せです。逆を言うと、テストを受けてもなかなか帰れないテスト期間があったとしたら、大っ嫌いだってことです。

 

んで、テスト期間だったおかげで早く帰れる僕は、パスポートの受け取りだけでなく美容院の予約も入れたりました。僕は中学生の頃からずーっと同じ美容院の同じ美容師さんに髪を切ってもらっているのですが、美容院は美容師さんが楽しくおしゃべりしてくれるし、髪洗ってもらうの気持ちいいし、いい匂いするし大好きです。

なので、この日の僕の予定は、「学校から帰る途中に大宮で降りて、パスポートセンターに行ってパスポートを受け取って、電車に乗って地元に帰って、美容院で髪を切ってもらって帰る」って感じになりました。

 

まず、電車に乗って大宮に向かいます。僕は、小学生のときに東京から埼玉に引っ越してきて、埼玉でかれこれ10年近く暮らしています。そんな僕なので、「大宮でパスポートセンターを見つけられるわけないっしょ」って思い、ちゃんと調べずに大宮駅で降りたのですが、5分くらいでたどり着ける距離のとこにたどり着くのに15分かかってしまいました。ソニックシティビルという建物を探し回っていたのですが、同じ建物の周りを一周したときにこれがソニックシティビルなのかと気付きました。

f:id:KurodA:20151128223524j:plain

パスポートを受け取ったらすぐに美容院にいく予定だったので結構あせっていました。先ほども言いましたが、僕、美容院大好きなので。紙に収入証紙を貼って、パスポートセンターの人に紙を出したら、

「そこのイスにおかけになってお待ちください。」

と言われて、言われた通りイスに座ろうとしたのですが、ひざを曲げ始めた瞬間に名前を呼ばれてパスポートをもらいました。おかけになってくださいって言われたから休めるって思ったのに、なんか疲れました。まあ、あせっていたのでよかったです。

 

その後は、急いで電車に乗って美容院にちょうどいいタイミングでたどり着きました。美容院では髪も洗ってもらえたし、美容師さんは楽しくおしゃべりして下さったし、とても幸せでした。帰るときには美容院の外まで美容師さんが送って下さるのですが、そのときの会話で

美「ありがとうございました〜」

僕「ありがとうございました〜」

美「気をつけて帰ってね〜」

僕「はーい、ありがとうございます」

美「じゃあ、がんばってね」

僕「ありがとうございまーす」

がんばってねってのがとっても嬉しかったです。テスト終わるといつもなんもやる気が起きなかったのですが、この日はおかげでしっかり家でやることできました。

 

パスポートを受け取った日はこんな感じでした。僕も美容師さんみたいな、人に元気を与える仕事ができる大人になりたいです。

僕がただ美容院が好きなだけなのかもしれませんが。

 

では、